5月病と転職

5月病をウィキペディアで調べると
「新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、
やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によっては
うつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から
起こることが多い」と記述されていますが転職後も同様な事が起こる事があります。

転職した会社で仕事を頑張っていて
やる気があるのだが、新しい環境になかなか適応できず、また転職を考えしまう事です。
転職における5月病かもしれません。

最初は誰でもなかなか適応できないのが当たり前と考えて下さい。
些細な手続きの仕方や、文具の場所、ファイルの場所がわからないのは当然です。
そんな小さなこと(前の会社ではなかったストレス)が積もり
大きなストレスになってしまいます。
わからない事は、最初だから周りの人に遠慮なく聞くべきです。
時間が過ぎると聞きにくくなります。
小さなストレスから解消してゆきましょう。

学生さんだと、通学経路が変わり、校舎が変わり、友達が変わり、机が変わる。
それだけでストレスがかかります。
登校拒否になってしまう人もいます。

新しい環境になったのだから違って当たり前です。
その違いを楽しんで、自分の経験値を高めて下さい。
ストレスを乗り切って下さい。
ストレスのない人生は楽だと思いますが、私は何か足りないような気がします。

しかし、最終的に、転職を考えるのはありだと思います。
(廃人になっては取り返しがつきません)
ただし、冷静に判断しましょう。
同じ事を繰り返してしまいます。

Follow me!

前の記事

生涯現役

次の記事

天変地異