一流企業

私が大学を卒業したころは
一部上場の一流企業に入社すれば一生安泰で
定年までその会社で働く事が当たり前のように思っていました。

良い大学を卒業し、一流企業に入社する。
入社後は、残業・休日出勤もいとわず一生懸命に会社の為に働く。
ベアアップと定期昇給で給料は増えてゆく。

今振り返れば、高度経済成長期を過ぎ、
バブル景気に日本経済が向かっている時代でした。
一流企業がずっと続いてゆくような気がしていました。

バブル崩壊後、いや、ここ数年で
すっかり様子が変わりました。

しかし、本当にすっかり何かが変わってしまったのでしょうか。
国際社会の中で競争に巻き込まれ
優秀な社員がいるのにそれを生かせず
会社の方向性を間違ってしまった。
日本人がだめになってしまったとは思えないのです。

日本の企業にもがんばって欲しいですが
それよりもがんばって欲しいのは個々の日本人です。

会社の国籍に関係なく、働いている場所に関係なく
個人の能力を出来る限り生かして仕事をする事が出来る。
その結果に対して正当な評価を受ける。

一流企業で働くことが目標でなく
自分の能力を生かせる会社で仕事をする事を目標にする。
そのような事が大事なような気がします。

 

 

Follow me!

次の記事

生涯現役